化粧水をたくさん使わないほうがいい理由

ニキビ

お肌が気になっている人にとって

洗顔後のケアはとても大切です。

皆さんは洗顔後

どんなケアをしているでしょうか?

基本は、

化粧水をつけてから乳液やクリームなどを使用する

というケアですね。

化粧水で肌に水分を与えて

クリームなどで蓋をする。

化粧水を肌の奥深くに浸透させる。

それからクリームを使用する。

そんなイメージでケアしている方もおられると思います。

そのために

なるだけたくさん化粧水を使っているでしょう。

化粧水はとにかくたくさん使うという方も多いと思います。

モデルや女優さんがそう言っているのを

聞いたこともあるかもしれません。

実際広瀬すずさんも以前言っていました。

「化粧水は何度もつける」

では本当に化粧水をたくさん使うことには意味があるのでしょうか?

化粧水はたくさん使うべきか?

化粧水はとにかくたくさんビシャビシャ使う

そうすればしっかり浸透するだろう

そのイメージ少し違います!

実は

化粧水を肌の深くに浸透させることはできません!

たくさん化粧水を使えば

それだけ肌の奥に水分を入れることができると思って

多量の化粧水を使う意味はあまりありません。

もちろんある程度の量は必要です。

ポイントは

適量

です。

使えば使うほど乾燥する

化粧水というのはほぼ水です。

水は蒸発しますよね。

ですからいくらたくさんの化粧水をつけても

蒸発して意味がありません。

逆につけすぎると

そもそも肌が持っている水分も一緒に蒸発していくため

乾燥肌の原因にもなるので

気を付けましょう。

例えば

新聞紙を一度濡らしてみてください。

新聞紙はたくさんの水を含み柔らかくなります。

それをもう一度しっかり乾燥させると

どうなるでしょうか?

一度濡れて乾いた新聞紙は

元通りの新聞紙にはなりません。

元の状態よりもガサガサで

ゴワゴワになっています。

もともときれいな状態だった

新聞紙の繊維などが崩れています。

それと同じでお肌も

化粧水をたくさん使えば使うほど

乾燥する可能性があります。

適量とは?

ではお肌が乾燥しない程度の

化粧水の適量とはどのくらいでしょうか?

その時の肌の状態によって違いますが

一般的には

500円玉程度

と言われています。

厳密に何ミリということはないので

その時の肌の状態によって

変えていくのがいいでしょう。

毎回手の上に500円玉程度

の化粧水をとるのもいいですが

スプレー式の化粧水もおすすめです。

3回程度顔に向けて

シュッシュッシュとすれば

いいので手軽に使えます。

【無印良品 公式】スプレーヘッド・トリガータイプ化粧水用
created by Rinker

この無印のスプレーヘッドがおすすめですが

トリガータイプの物もあるので

そちらのほうが簡単かもしれません。

いずれにしても

決して多ければ多いほうがいい

と思ってたくさんつけすぎないようにしましょう。

どうしてもたくさん使いたい場合は

少量を何度かに分けるというのも

いいと言われています。

では化粧水はなんのために使っているのでしょうか?

化粧水を使う理由

化粧水を使う理由は

肌をほど良い状態にするためです。

化粧水を使うことによって

角質層を整えることができます。

角質層についてはこちら→角質ケアする?しない? きれいな肌になるためにはどっち?

肌の表面には角質層という層があります。

洗顔後などは

その角質層の水分が失われてしまいバリア機能も失われ不安定な層になっています。

それで

化粧水を使って角質層を整えているのです。

つまり

化粧水は基本的にお肌を程よい状態にするために使うもの

ここには

しっかりと保湿をするという働きは入っていない

と考えていいと思います。

あくまでも肌を程よい状態にするためです。

化粧水で肌を程よい状態にすると

その後のスキンケアが効いてきます。

クリームや美容液などの成分がのりやすく

浸透しやすくなります。

メイクののりもよくなります。

お肌の状態が程よい状態になっているからです。

化粧水にはそうした働きがあるので

その目的を果たすことのできる量を使うようにしましょう。

多ければいいというわけではない

ということを覚えておいてください。

保湿は化粧水だけでいい?

化粧水をつかうと

肌がしっとりしていることありませんか?

しっかり保湿できている気がします。

最近の化粧水には

様々な成分が配合されています。

中には

保湿効果を高める成分もあります。

それで化粧水を使うことで

肌を程よい状態にすると同時に

しっかり保湿することができる場合もあります。

それで広瀬すずさんのように

たくさん化粧水を使うことにより

お肌の調子が良くなる場合もあります。

その時の肌の状態によるでしょう。

肌が健康な時は

洗顔後でも肌の角質層は整っていて

程よい状態を保つことができます。

それで、保湿成分が配合された化粧水を使うことによって

肌を保湿することができます。

しかし、あまり健康な肌の状態ではない時に化粧水をつけても

角質層は崩れているので

化粧水の水分は蒸発してしまいます。

あまり保湿できないでしょう。

その時の肌の状態によって

化粧水だけでしっかり保湿することもできれば

そうできないこともあり得るのです。

その時の肌の状態によって調整しなければなりません。

ですから時には

化粧水だけでお肌が十分潤い

乳液やクリームなどが必要ないという方もいると思います。

そういった方は

無理してクリームなどをつける必要はないでしょう。

人によっては

化粧水はつけないほうがいいという人もいます。

驚くことに海外では化粧水は基本的につけません。

そう考えると

化粧水を使わないというのもいいかもしれません。

化粧水などのスキンケアをすべてやめたほうが

肌トラブルがなくなり

肌のきめも細かくなった

という方もおられます。

しかし、肌や体質は人それぞれ違うので一概には言えません。

注意点

化粧水の使い過ぎには注意してください。

乾燥肌を引き起こします。

空気が乾燥する季節は

とくにたくさん使いたくなるかもしれませんが

使い過ぎはよくありません。

使い方さえ間違わなければ

化粧水はとても意味のあるものになります。

正しい使い方で満足のいくお肌を手に入れましょう。

無印良品のホホバオイルは使うべきか否か

コメント

タイトルとURLをコピーしました