角質ケアは絶対したほうがいい?

未分類

角質ケア 一度は聞いたことがあるでしょう。

かかとの角質が気になる

という話も聞いたことがあります。

今回は角質とはなんだ?

というテーマで書いていきます。

角質とは?

角質と聞くとどんなイメージがあるでしょうか?

正直あまり良いイメージはないかもしれません。

角質除去という言葉もあります。

やはり除去しなくてはいけない悪いもの

というイメージが先行します。

しかし角質は決して

なくて良いものではありません。

角質は必要

なものなのです。

角質とは

お肌の一番表面にある層で普段見えている部分のことです。 死んだ細胞の層が積み重なったものです。

角質とは

死んだ細胞ではありますが

この角質、実は

つるつる・すべすべなお肌になるために必要不可欠なものです。

角質、つまり

お肌の表面の層は0.02ミリほどの非常に薄い層になっていますが

とても大切な役割があります。

角質の役割

角質には外の刺激から保護する

という役割があります。

バリアー機能です。

外からの刺激とは

細菌がついてしまったり

ゴミがついてしまったり

時には何かでこすったりして

刺激を与えてしまうこともあるかもしれません。

そうした

ダメージが肌の奥に伝わらないように守ってくれるのです。

とても頼もしく盾のような役割を果たしてくれます。

それだけではありません。

肌からの水分蒸発を防ぐ役割

もあります。

洗顔後に乳液やクリームを使うと思います。

それは水分蒸発を防ぐためです。

しかし私たちのお肌には

そもそもそうした機能が備わっているのです。

角質の役割

バリアー機能
水分蒸発防止機能

こう考えると角質は美肌になるためには

欠かせないものであることがわかります。

ではなぜ”角質除去“する人もいるのでしょうか?

角質除去はなぜするのか?

角質は死んだ細胞の層です。

人間の細胞は常に生まれ変わり

新しいものに変わっていきます。

そして、古い死んだ細胞は自然に剥がれ落ちていきます。
(これをターンオーバーと言います。)

しかし、なかには剥がれ落ちにくいものもあります。

その角質

死んだ細胞をそのままにしておくとどうなるでしょうか?

角質層が毛穴をつまらせます。

その結果、ニキビ ができやすくなります。

角質が毛穴をつまらせて菌が増殖

ニキビ発生

となるのです。

さらに角質は死んだ細胞なので

あまりきれいな見た目ではありません。

お肌には透明感がなかったり
くすみがちの場合は

角質が溜まっていることも考えられます。

さらに角質がたまると

角質層が邪魔して化粧水や乳液などが浸透しづらくなります。

これらの理由から
角質除去を行なう人がいるのです。

角質は美肌に欠かせないものです。

  • バリアー機能
  • 水分蒸発防止機能

があるからです。

一方、溜まりすぎるとニキビ や肌荒れの原因にもなります。

だからといって角質除去をしすぎるのもよくありません。

肌のバリアー機能や蒸発防ぐ機能など

肌本来がもっている力を弱めてしまいます。

角質培養という言葉もあり

角質を育てるようにしている人もいます。

それほど角質は

美肌のために必要なものということです。

もちろん個人差があるの思うので

角質除去をするにしても
あまりしないにしても

その時のお肌と向き合って行なう必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました