今話題のAmazonプライム・ビデオのメリット・デメリットまとめ

動画配信サービス

最近ではネットショッピングを使う方も

多いと思います。

ネットショッピング最大手といえばなんといっても

Amazonです。

実はAmazonはネットショッピングだけではなく

いろいろなサービスを提供しています。

Amazonプライム・ビデオ聞いたことがあるでしょうか?

今回はAmazonプライムビデオのメリットやデメリット

についてまとめてみました。

動画配信サービスに興味がある方は是非ご覧ください。

Amazonプライム・ビデオとは?

Amazonプライム・ビデオはあのAmazonが配信している

動画配信サービスの一つです。

Amazonプライム・ビデオを楽しむには

Amazonプライム会員になる必要があります。

会員になればAmazonビデオの中の動画を無料で

視聴することができたり

Amazonミュージックを楽しむこともできます。

毎月kindleの本を一冊無料で読むこともできるなど

動画以外のサービスを楽しむことができます。

料金

Amazonプライム・ビデオを楽しむには

Amazonプライム会員に登録します。

料金は

月額¥500(税込み)

となっています。

年間費一括払いも選択できてそれだと

年間¥4,900(税込み)となっています。

 

かなり安い料金設定になっています。

ではAmazonプライム・ビデオを楽しむ上での

メリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

  • Amazonプライム会員特典
  • 動画配信数
  • オリジナルコンテンツ
  • ダウンロード可
  • 同時視聴可
  • コスパ良好

Amazonプライム・ビデオは

なんといってもAmazonプライム会員になるわけですから

他のAmazonサービスを受けることができるという

最大のメリットがあります。

サービスの中にはAmazonでショッピングをするときに

活用できるものもありますので

Amazonをよく利用する方は必見です!

Amazonプライム会員としての特典

ではまずAmazonプライム会員になると

どんな特典を受けることができるのでしょうか?

・kindle毎月1冊無料
・お急ぎ便・お届け日時指定無料
・primeMusicで音楽聞き放題(約100万曲)
・タイムセールへいち早く参加
・配送料無料
・マンガ、本、雑誌読み放題(約1000冊)
・Amazonphotoで無制限写真保存ができる

ざっと上げるだけでこんな感じです。

どうでしょうか、毎月¥500程の料金で

これだけのサービスを受けられると考えると

とってもお得ではありませんか?

特に、Amazonでショッピングをするときに

送料無料になったり、お急ぎ便が無料で使えたりする

のでAmazon利用者にはピッタリです。

さらに、マンガや雑誌を読むことができたり

音楽を楽しめるのもAmazonプライム会員のメリットです。

動画配信数

Amazon・プライムビデオで配信している動画は

約32,000本となっています。

そのジャンルは多種多様です。

日本のテレビドラマから、邦画、洋画

アニメなどいろいろなジャンルの動画が配信

されています。

中には子供向けの動画も配信されているので

ご家族みんなで楽しむことができるでしょう。

見放題の動画は少しずつ増えていくので

飽きることなく楽しむことができます。

オリジナルコンテンツ豊富

Amazonプライム・ビデオでは

オリジナルコンテンツが配信されています。

オリジナルコンテンツの中には海外作品もあれば

日本の作品もあります。

日本の作品だと有名なのが

「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」

のシリーズはよくCMで放映されていました。

松本人志さんプレゼンツの密室笑わせあいサバイバルという番組ですね。

こうしたお笑い、バラエティー、映画などの

オリジナル作品が見られるのもAmazonプライム・ビデオだけです。

ダウンロードできる

今や動画配信サービスでは当然の機能かもしれませんが

Amazonプライム・ビデオでも

動画をダウンロードすることができます。

動画をタブレットなどの端末にダウンロードすることで

オフライン状態でも見ることができるので

時間がある時に映画などを楽しむことができます。

同時視聴可能

Amazonプライム・ビデオでは

最大3台の端末で同時視聴することができます。

ご家族で利用する場合とても便利です。

さらにダウンロードすることで何台でも同時視聴可能です。

またウォッチパーティー機能というものがあり

友達100人までチャットしながら同時視聴することができます。

ウォッチパーティーで参加できるのはプレミアム会員のみとなります。

コスパ

Amazonプライム・ビデオのメリットは

なんといっても安いことです。

Amazonプレミアム会員の特典を受けられて

動画も見放題となると

そのコスパの良さは他の動画配信サービスをしのぎます。

デメリット

  • 見放題の制限
  • 操作性の問題
  • アプリからの購入不可
  • 無料期間

Amazonをよく利用する方にとって

Amazonプライム・ビデオはメリットが

たくさんありますが、

もちろんデメリットもあります。

普段Amazonを利用するかしないかによっても

変わりますが

いずれにしてもデメリットもきちんと確認しておきましょう。

すべてが見放題ではない

Amazonプライム・ビデオの動画

すべてが見放題ではありません。

これはほとんどの動画配信サービスも同じですが

最新の映画などは有料となっている場合が多いです。

もちろんレンタルや購入することで見ることができます。

見放題のタイトルの入れ替えもありますので
今度見ようと思ったらすでに無くなっていることがあります。
そのあたりは注意が必要です。

字幕切り替えなどができない

機能的なデメリットとして

字幕切り替えや音声切り替えができません。

Amazonプライム・ビデオではそれぞれ

字幕版・吹き替え版が別で配信されています。

それを知らずに切り替えようとしてもできないので

最初は戸惑うかもしれません。

アプリからレンタル作品の購入不可

Amazonプライム・ビデオにはアプリがありますが

アプリからのレンタル作品購入ができなくなっています

購入するときは、ブラウザやテレビからすることになりますので

購入もしたい方は少しだけ手間がかかるかもしれません。

無料期間に注意

Amazonプライム・ビデオでは1か月の無料期間があります。

まずは無料で始めてみて、どんな感じが知りたい方もいることでしょう。

是非無料期間を活用しましょう。

しかし、Amazonプライム・ビデオの無料期間は

終了するときの連絡などはありません。

もし、解約手続きをしなければそのまま

有料プランへと自動で移行されますので

忘れずに解約手続きをする必要があります。

もし、忘れていたら年間費¥4,900を

支払わなければならなくなりますので

十分に注意してください。

Amazonで買い物をするときにいつの間にか
会員になっていて年間費を支払わざるを得なくなった方も
多いようですので、解約手続きを忘れないようにしましょう。

解約方法

解約はブラウザからAmazonのホームページにて行えます。

また、Amazonショッピングアプリからも解約できます。

解約してしまうと、すべての会員特典やAmazonプライム・ビデオ

の動画、ダウンロードした動画も見れなくなります。

解約はAmazonプライム・ビデオアプリからはできません。
必ずブラウザまたはショッピングアプリから行ってください。

まとめ

Amazonプライム・ビデオを利用するには

Amazonプライム会員になる必要があります。

月額¥500でAmazonのサービスをフル活用できて

動画も、音楽も、雑誌なども楽しめることを考えると

他の動画配信サービスと比べてもコスパ最高です。

ご家族で楽しめるということもあるので

Amazonをよく使う方は検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました