ホホバオイルはこれを選ぼう。種類があるけど、どれを選んだらいいのか?

ニキビ

ニキビや、肌荒れには

ホホバオイルがとても効果的であることは前回書きました。

その効果を見て一回使ってみたい!と思って少し調べてみたあなた。

お店でちらっとホホバオイルを見たあなた

いったいどのホホバオイルにすればいいか迷いませんでしたか?

そこで

今回はホホバオイルの種類についてご紹介します。

ホホバオイルには主に二つの種類があります。

ゴールデン

無色透明(クリア)

のものです。

この二つの違いはなんでしょうか?

ゴールデンオイルと無色透明オイルの違い

ゴールデンのホホバオイルは“無精製”のホホバオイルになります。

無色透明(クリア)のホホバオイルは”精製”されたホホバオイルになります。

ホホバオイルはホホバという実から抽出されたオイルです。

ゴールデンはその抽出されたまま”無精製”のオイルということです。

無色透明(クリア)の方は抽出後”精製”されたオイルということになります。

抽出方法にも違いがあります。

ゴールデンオイルは、ホホバの実からほぼ直接絞られています。

一方、無色透明(クリア)のオイルは、熱を加えて高圧でプレスして抽出しています。

化学的熱処理が行われているため、色が抜け落ち無色透明になっているのです。

この抽出方法の違いによってメリット・デメリットが生まれます。

では、それぞれのメリット・デメリットは何でしょうか?

ゴールデンオイルのメリット

ゴールデンオイルは加熱処理をせず

そのまま抽出しています。それで

ゴールデンオイルは栄養価がかなり高いです。

実からそのまま抽出されているわけですから

何も栄養素が逃げず、壊れることもありません。

本来ホホバが持っている栄養がすべて入っています。

それで高濃度のビタミン、ミネラルが含まれています。

ゴールデンオイルを使うとお肌に高濃度の栄養補給ができるので

とても良いです。

ホホバオイルはオイルの中でも「世界一安全」といわれることもあります。

低刺激で高濃度の栄養をお肌にしみこませることができます。

そう考えるとゴールデンオイルを使うほうがよさそうですね。

ゴールデンオイルのデメリット

ゴールデンオイルは加熱処理をせず、ホホバそのままの

栄養が含まれているので高濃度の栄養が含まれていますが

デメリットもあります。

その一つが

無色透明のホホバオイルよりも刺激が強い

という点です。

処理の過程で何も失われていないため

少し刺激となる成分もそのまま含まれていることになります。

敏感肌の方は刺激を感じる場合があります。

しかし、ホホバオイルは世界一安全と言われ

アトピー治療などにも使われます。

刺激が強いというわけではなく

もともと刺激の少ないホホバオイルを精製した

無色透明(クリア)オイルよりは刺激が強い

ということになります。

ゴールデンオイルでも強い刺激ではありません。

次にあげられるデメリットは

値段が少し高い

という点です。

”最高品新津野無精製ホホバオイル”などとキャッチコピーが使われていることがよくあるのですが

その言葉の通り、品質が高いため高価になってしまいます。

といっても最近では

精製・未精製どちらのオイルも種類が豊富にあるので

値段もさもそこまで気にならなくなってきました。

むしろブランドやこだわり、品質によっては

ゴールデンオイルの方が安い場合もあります。

まずは安いゴールデンオイルで試してみるのもいいかもしれません

人にもよりますが

デメリットの一つに

かゆみを伴う

ことがあります。

いってしまえば

実から絞り出した原油をそのままつけるようなものですから

こうしたデメリットがあっても仕方ありません。

敏感肌やアトピー肌、アレルギーがある方は

パッチテストなどをして確認してみましょう。

少し匂いがある

という点もデメリットといえます。

人によってはこの匂いが苦手という感想をもつ方もいます。

無色透明(クリア)オイルのメリット

では次に無色透明(クリア)オイルのメリットを考えましょう。

まずゴールデンオイルと比べると

刺激が少ないです。

ゴールデンオイルの場合、豊富な栄養素が含まれていますが

その栄養素が刺激となることがあります。

無色透明の精製されたオイルは

熱処理などにより栄養素が幾らか失われていますので

比較的刺激が少なめになります。

次にゴールデンオイルと比べると

安価

になります。

その為もし、お肌に合わない場合は痛手が少ないですね。

ただ、先ほども書きましたが

最近ではそこまで差がなくなっていますので

自分の肌質や体質を考慮して

自分のお肌に合うオイルを探しましょう。

安価で自分のお肌に合うオイルが一番いいです。

また、人によって感じ方は違うかもしれませんが

使用感がよくさらさら

としています。

好みの問題ですがオイル感が少なく

さらさらとしていた方が好きな方は無色透明(クリア)オイルが

いいかもしれません。

また

無臭

というメリットもあります。

ゴールデンオイルは少し匂いがありますので

匂いに敏感な方も無色透明(クリア)オイルがおすすめです。

無色透明(クリア)オイルのデメリット

栄養価が少ないです。

ゴールデンオイルに比べると劣ります。

熱処理により安定したオイルにはなっていますが

その処理するときに栄養素が少なくなります。

ビタミンB・E・A

必須アミノ酸

などの重要な栄養が処理の途中でうしなわれてしまいます。

このくらいのデメリットしかないわけですが

栄養価が劣るというのは最大の痛手ですね。

ホホバオイル種類のまとめ

ゴールデンオイルのメリット・デメリット
  • 栄養価が高い
  • 刺激が強い
  • 値段が高い
  • かゆみ
  • 匂いがある
クリアオイルのメリット・デメリット
  • 刺激が少ない
  • 安価
  • 使用感さらさら
  • 無臭
  • 栄養価が少ない

まとめて見るとこんな感じになります。

メリット・デメリットがあるわけですが

刺激や匂いなどは個人差があります。

人によっては何も感じないことも多いです。

基本的にホホバオイルは刺激が少なく安全なオイルなので

まずは栄養価が高いゴールデンオイルから試してみることをおすすします。

結局どのホホバオイルを使うべきか?

あなたはどちらのホホバオイルを使いたいですか?

栄養価重視ならゴールデンオイル

価格重視なら無色透明のオイル

という選び方もできますね。

ホホバオイルはその栄養価の高さと刺激の弱さがウリです。

もちろん、ゴールデンオイルも刺激が強いとはいえ

すごく強いわけではありません。

無色透明のオイルと比べると少し強いというだけです。

栄養価・価格・刺激

これらを考慮に入れて選びましょう。

ゴールデンオイルならこちら



どれを使ったらいいか分からない方や、迷っている方は

まずは栄養価の高いゴールデンオイルから

お試しで使ってみましょう。

こちらのサイトのホホバオイルをまずは確認してみてください。
↓↓↓
敏感肌に最適なスキンケア。NATURAL ORCHESTRAの高品質「オーガニックホホバオイル」

敏感肌でも使えるゴールデンオイルです!

クリアオイルならこちら

いまいちホホバオイルの使い心地や

効果が分からないかもという方や、少し不安を感じている方は

プチプラで人気のあるクリアオイルを選びましょう。

おすすめは

無印良品 ホホバオイル 50ml

です。

ホホバオイルの中では有名で評価も高いです。

ホホバオイルにしては手に入れやすくプチプラです。

created by Rinker
¥2,189(2021/12/06 02:34:00時点 楽天市場調べ-詳細)

ホホバオイル関連のそのほかのページ
ホホバオイルのここがすごい!効果と効能
ホホバオイルはニキビにも効果がある!
ホホバオイルを使うとニキビができるかもしれない話
無印良品のホホバオイルの使用感や効果は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました