もう人の目を気にしない!簡単にそんな人になる4つのコツ

ストレス

人の目が気になるということは

いたって普通のことです。

誰でも毎日、人の目を気にして生活しています。

人の目を気にしているからこそ、マナーやモラルが存在していて

秩序が保たれています。

誰も人の目を気にしなくなると

みんなが好き勝手に行動してしまい

秩序は保たれず、安全も脅かされます。

しかし、あまりにも人の目を気にしすぎていると

自分のことが分からなくなったり

嫌いになってしまいます。

今回は他人の目を気にしないコツをご紹介します。

人の目を気にする原因

自分が人の目をどれほど気にするかどうかは

いろいろなことが影響します。

もしかすると、育てられた家庭環境や住んでいる地域

によってもある程度影響を受けるものです。

しかし、今までにどんな影響を受けて

人の目を気にするようになっているとしても

いま、改善することは可能です。

ではまずは、人の目を気にする原因について考えてみましょう。

自信がない

人の目を気にしがちな人の多くの原因が

自分に自信がない

という点です。

自信がないと、自分のしていることが正しいとは考えられません。

それで、他の人の意見の方が正しいと考えてしまいます。

「自分は何もわかっていない」

「何もできていない」

そんな感情が続いてしまうと、何をしていても不安を感じて

人の目を気にするようになってしまいます。

自信がないということは謙虚な証拠でもあるよ!

トラウマ

過去に受けたトラウマ

人の目を気にする原因となります。

以前に人から嫌われたりした経験があると

自分が何かをすると他の人に嫌われるかもしれないと

考えてしまい、人の目を気にしてしまいます。

他にも、自分のコンプレックスを誰かに笑われたりした経験

忘れられずに

人の目を気にしてしまうということもよくあります。

そうした過去のトラウマは

なかなか記憶から消すことができず、すぐに引き出してしまうので

人に会うと、人の目を気にしてしまうのです。

嫌われても、笑われても、自分は自分
そんな自信がもちたいですね。

プライド

自信がないとは真逆の理由、それが

プライドです。

プライドが高い人も人の目を気にしています。

「人から低い評価をされたくない」

「人から良く思われたい」

そんなことをいつも考えています。

どちらも「人から」どう見られるか気にしているのです。

必ずしもそうとは限りませんが

ファッションや持ち物にこだわりが強い人ほど

プライドが高く、人の目を気にしがちだったりします。

自分に自信があって着飾っている人もいますが

自信がないからこそファッションなどにこだわり

自信を持とうとしている人もいます。

人の目を気にしているからこその行動です。

自信・プライドのバランスが大切です。

人の目を気にするデメリット

人の目を気にするということは

人のことを考えることができている

ということでもあります。

ですから、生活している中で人の目を気にすることは

決して悪いことではありません。

ただし、ずーっと人の目を気にして生活していると

あなた自身に悪い影響があります。

自分が分からなくなる

人の目を気にしすぎていると

自分が分からなくなってしまいます。

いつも自分の意見よりも他の人の意見を聞いてしまったり

いつも自分のことを見ている人の感情を探ったり

いつも他の人に合わせていると

「あれ?自分って何がいいと思ってるんだろう。」

「あれ?素の時っていつなんだろう。」

という疑問が生じることがあります。

自分が正しいと思っていることが分からなくなり

素の自分・本当の自分を見失ってしまいます。

自分のことが分からなくなると

より自信が持てなくなり、もっと人の目を気にしてしまいます。

自分のことがぼんやりとしか見えなくなると
自分のことが嫌いになりがち

人の目を気にしない4つのコツ

以上の理由からやはり

人の目を気にしないようにしたいものです。

もちろんバランスが大切ですが

多くの方は、人の目を気にしすぎの傾向があると思います。

会社や組織の中で毎日生活していると

それも仕方のないことのようにも感じます。

でも、少し意識することで

人の目を気にせず生活できるようになったりします。

4つのコツをご紹介します。

自分を知る

まずは

自分を知ることです。

「自分は何が好きで、何が嫌いで

どんな人が好きで、どんな人が嫌いで

どんな人になりたくて、どんな人になりたいか」

じーっくり考えてみましょう。

じーっくりです。

時間がかかるかもしれませんが

じっくり時間をかけて考えましょう。

ふと思うと、自分のことをしっかり考えることって

あまりないものです。

自分がどんな人で、どんなことをしたいと思っているのか

自分の感情や、野望、希望など

自分の善や悪についてもしっかり考えてみると

自分がどんな人間なのか知ることができます。

自分をしっかり知ることができれば

少しだけ自分に自信を持てるようになるものです。

少し自信が持てれば、今までより少しだけ

人の目が気にならなくなります。

あえて自分のことを考える時間を作りましょう。
何かしながらではなくじっくり考えます。

比べない

自分と他の人を比べないことも

人の目を気にしないために必要です。

誰でもそうですが他の人と比べる傾向があります。

他の人と自分を比べてしまうとどうなるでしょうか?

ある人は自分は全くダメな人間だと感じます。

他の人より自分が劣っていると考えるのです。

ある人は自分は他の人よりできていると感じます。

他の人より自分が優れていると考えるのです。

前者の場合、自信がなくなります。

後者の場合、プライドが高くなります。

いずれの場合も他の人の目を気にしてしまう原因です。

他人と自分を比べることは何もいいことがありません。

誰かを目標にすることと
誰かと比べることは違うということを理解しよう。

読書

  1. 自分を知る
  2. 比べない

このステップが踏めたなら

読書をしましょう。

読書をすると、いろいろな人の考え方や意見に

触れることができます。

自分の考え方を広げることができます。

自分の見聞も広がります。

物事を多角的に見ることができ

少し自信が持てるようにもなります。

ほとんどの場合、読んでいる本を書いている人は

あなたの知り合いではない人でしょう。

少なくともその本を読んでいる時は

あなたの周りの人の目を気にすることなく

著者と対話していることになります。

読書することで世界中の人と対話することができる

と考えると

周りの狭い世界の他人の目が気にならなくなります。

旅行

可能なら

海外旅行に行きましょう。

日本人の良いところも悪いところも

感じることができます。

日本人がいかに人の目を気にしすぎているのか

でも、それが日本人の良いところだと感じることができます。

海外が無理なら国内でも

旅行をすることでいろいろな土地の人に触れ合うことができます。

国内でも地域によって何となく雰囲気が違い

面白いものです。

世界は広い!

まとめ

他人の目を気にすることは

必ずしも悪いことではありません。

しかし、”過ぎてしまう”と自分が分からなくなってしまいます。

4つのコツ
  1. 自分を知る
  2. 比べない
  3. 読書
  4. 旅行

こんなことを意識してみましょう。

少しずつ自信が戻ってきて

楽しんで生活できるようになります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました