きれいな肌になるには基礎肌力を上げることが必要です。

ニキビ

どんなお肌に憧れていますか?

ニキビがない肌でしょうか?
毛穴が見えないすべすべな肌でしょうか?
白い肌ですか?

さまざまな憧れの肌質があると思います。

それはきっと人によって違うでしょう。

しかしどんな肌に憧れていたとしても

基本的に良い肌

でなければなりません。

ニキビや毛穴がない、すべすべで、白い肌
になりたいと思っても

基本のこの良い肌にならなければ
憧れの肌を手に入れることはできません。

基本の良い肌の上に
きれいな肌が育っていくと

ニキビや毛穴がない、すべすべで、白い

いわゆる美肌になることができるのです。

では基本の良い肌とはどんな肌でしょうか?

基本の良い肌とは?

基本的な良い肌とは

水分と油分が良いバランスを保っている状態の肌です。

多すぎても、少なすぎても良くありません。

水分量は多くても問題はありませんが

肌トラブルで悩んでいる方の多くは不足気味となっています。

水分量は40~50%が良い状態です。

油分が多すぎると

ニキビなどの原因となります。

少なすぎると乾燥肌となりバリア機能が低下します。

乾燥肌、油性肌の人はよいバランスが保たれていません。

このバランスを保つために

化粧水や乳液、オイルなどを使用するわけです。

お肌の状態はその季節や時間、体調など
時によってまったく違います。

ある時は水分が多かったり
ある時は油分が多かったりします。

それで良いバランスを保つためには

化粧水や乳液、オイルなどを上手に使わなければなりません。

水分が少ない時は化粧水を少し多めにしてみたり
油分が少ない時はクリームをしっかりめに塗ったりするのです。

この上手な使い方こそが基礎の肌には必要不可欠なのです。

きれいになりたいなら基礎肌力を上げる

基本の良い肌になるためには

基礎肌力を上げる必要があります。

きれいなお肌の人はみんな基礎肌力が強いです。

ハリやツヤがあり、肌トラブルがおきません。

ニキビや吹き出物もできにくい肌です。

そんな理想のお肌になるためは

基礎肌力を上げる必要があるのです。

基礎肌力とは?

基礎肌力とは厳密な定義はありませんが

肌が持っているいろんな力

のことです。

  • バリア力
  • 再生力
  • 保湿力

などの力がお肌には備わっています。

  • バリア力は
    外からの刺激からお肌を守る役割があります。
  • 再生力は
    お肌が生まれ変わる力です。
    ターンオーバーとも言われ2~3週間でお肌は新しくなります。
    再生力が高ければこの期間にきれいな肌になることができます。
    肌トラブルが生じたとしてもターンオーバーによってきれいになります。
    逆に再生力がなくなると、ターンオーバーの期間が長くなり
    なかなか肌トラブルが治らなかったり
    すぐにニキビができやすい肌質となってしまいます。
  • 保湿力は
    バリア機能や再生力を上げるために必要です。
    しっかり保湿されていないとバリア機能が弱ります。
    保湿されていないとターンオーバーも乱れていしまうので
    結果として基本的にいい肌を保つことができません。

基礎肌力はこうした

お肌をきれいに保つための力すべてが含まれています。

そして一つ一つの力は

他の力と連携している為

どの力も高めてあげなければなりません。

基礎肌力を上げるには?

基本的にいい肌になるためには基礎肌力を上げる必要があります。

ではどうすれば基礎肌力を上げることができるのでしょうか?

基礎肌力の一つ一つは他の力と連帯しているので

すべての力をあげて上げなければなりません。

例えば

保湿力が上がればバリア機能も上がります。

バリア機能が上がれば、再生力も上がります。

しかし

保湿力が下がればバリア力機能も下がります。

バリア機能が下がれば、再生力も下がります。

どこかの力が上がれば他の力も上がり

どこかの力が下がれば他の力も下がるのです。

なので

すべての力を上げる必要があります。

ではどうやって上げることができるのでしょうか?

基本の良い肌とはなんだったでしょうか。

上記で書いたように

水分と油分が良いバランスを保っている状態です。

保湿・再生・バリアなどの基礎肌力は

水分と油分のバランスを保つことで上がります。

水分と油分のバランスが良ければ

保湿・再生・バリアをしっかりすることができます。

では水分と油分のバランスを保つには

どうするのでしょうか?

水分と油分のバランスを保つには?

水分と油分のバランスを保つには

正しいスキンケアをしなければなりません。

人の肌水分と油分のバランスを保つ力を持っています。

でもニキビや肌トラブルに悩んでいる方は

自分の肌の力だけではバランスを保つことができなくなっています。

紫外線や汚れなど外からの刺激が強すぎたり

ストレスや食べるものなどの体の中からの原因によって

バランスを保つのが難しくなっているのです。

それでそのバランスを整えるために

正しいスキンケアによってバランスを整えてあげます。

正しいスキンケアとは?

正しいスキンケアが大切なことはよく歌われますが

何が正しいスキンケアなのかというのは難しいところです。

なぜなら人の肌質によってスキンケア方法が異なるからです。

スキンケアの基本は

  1. 洗顔
  2. 保湿

だと思います。

しかし、人によっては保湿しなくてもいいという人や

化粧水や乳液、クリームも塗らなければいけないお肌の人もいます。

美容液もつける人もいます。

しかし人によっては保湿は全くしなくてもいいお肌の状態の人もいます。

中には洗顔も水で流すだけの人もいるでしょう。

それでも水分と油分のバランスを保つことができているのです。

この違いは

体質や肌質、生活スタイルや遺伝なども関係していて

10人いれば10人とも違います。

それで正しいスキンケアの方法も

人によって全く違うということは覚えておかなければなりません。

スキンケアは洗顔してしっかり保湿するものだと

思い込んでいるだけで

実際にはそこまで保湿に力を入れなくても

きれいなお肌になれることもあるのです。

自分の肌を知る

人によって正しいスキンケアは異なります。

では自分に合ったスキンケア方法をどうやって知ることができるのでしょうか?

自分の肌を知ること

によってできます。

自分の肌を知るとは

単に乾燥肌とか油性肌とかだけではありません。

今の自分の肌に何が不足しているのか知らなければなりません。

水分が不足しているのか

油分が不足しているのか

ビタミンが不足しているのか

何が不足しているのかが分かれば
それを補ってあげれば良いのです。

何が不足しているのかは
肌トラブルとなって現れます。

ニキビができたり、カサカサしたり
シミができたりします。

こうした肌トラブルは
何かが不足している証拠です。

各トラブルの症状から
今の自分の肌に何が不足しているのか
判断してください。

不足しがちな成分

肌トラブルを見て何が不足しているのか判断するというのは

難しく感じるかもしれませんが

単純に考えてみましょう。

ニキビについて考えると

ニキビができる時不足しがちな成分として

  • ビタミンB2・B6
  • ビタミンC
  • タンパク質
  • 食物繊維
  • 必須脂肪酸
  • 睡眠

などです。

ネットで検索すると1分ほどで知ることができます。

そしてこの中で何が自分に不足しているか知るには

何からこの成分や栄養を摂れるか調べます。

  • ビタミンB2・B6→→レバー、・牛乳・サンマ・カツオ・バナナ
  • ビタミンC→→キウイ・ピーマン・ブロッコリー
  • タンパク質→→肉・魚・卵
  • 食物繊維→→サツマイモ・豆・ごぼう
  • 必須脂肪酸→→エゴマ油・魚油
  • 睡眠→→質の高い睡眠

これで何から摂取できるか分かりました。

この中で普段から食べたり、できたりしていないものがあるでしょうか?

肉は食べてるけど、魚は食べてないな・・・

豆は食べてるけど、牛乳は飲んでないな・・・

バランスよく食べてるけど、睡眠不足だなとか・・・

と考えてみましょう。

普段の生活で不足している部分を知ることができるでしょう。

後はその不足分を補うように生活すればいいだけです。

もし不足分を補うのが難しければサプリメントなどで補ってあげましょう。

特に必須脂肪酸は不足しがちなので下のサプリメントがおすすめです。

有名なのはDHCのサプリメントですね。

コンビニなどにもあるので見たことがあると思います。

一度お試しで活用してみるといいかもしれません。

不足している成分をサプリメントで補ってあげるだけで

原理上きれいなお肌になれます。

そして

化粧水などのスキンケア商品で

基礎の良い肌に戻してあげてください。

そしてそれから美肌を育てるのです。

スキンケア商品を使うときの注意点

きれいな肌にあるために基礎肌力を上げなければなりません。

そのために不足しがちな成分や栄養を摂る必要がありますが

人によってはスキンケアで不足している部分を埋め合わせたいと思うでしょう。

乾燥しているから水分を補い

保湿成分が含まれているスキンケア用品を使おう!

と考えます。

確かに、スキンケア商品は
お肌に不足している要素を補いますが

注意しないといけない点もあります。

洗顔料を選ぶコツはこちら

スキンケア商品に配合されている成分です。
その中にはお肌にあまり良くない成分があります。

お手元の化粧水やクリームなどの
成分を見ていただければわかると思いますが

ホルムアルデヒド、香料、パラベン、酸化防止剤など

いくつかの成分が入っていることがわかります。

化粧品やメーカー、ブランドによって異なりますが

お肌を弱くしたり、肌トラブルの元となる成分が入っていることがあります。

体質にもよりますがそれが原因で
ニキビができることもあります。

それでそうした成分が入っていない商品を選ぶ必要があります。

もちろん商品のほとんどは悪い成分は微量しか入っていません。

だからこそすぐには症状に出ないことがあります。

しかし使い続けていると知らぬ間に
影響が出てきます。

洗顔料が肌質に合っているか確かめるサインが知りたい人はこちらをチェック

こうした長期間にわたってゆっくりと
お肌に悪影響を与えていくタイプは

なかなか治りにくいという特徴があります。

気付いてからその商品を使うのをやめても

なかなか肌トラブルが治ってくれません。

こうした理由から

多くのメーカーやブランドは
無添加・自然派の商品を出しています。

敏感肌の方は特に
無添加・自然派の商品を選んだ方が良いといえます。

いくつかの
無添加・自然派商品をご紹介します。

おすすめスキンケア用品



自然派にこだわった商品をたくさん取り扱っている
ちのしお屋です。

化粧水・乳液・美容液などがあります。

乙女の柔肌(おとめのやわはだ)シリーズは
温泉水とコメ発酵液を配合しています。

本当の温泉水を使用しているので
効果があること間違いありません。

ジェルクリームや化粧水、洗顔フォームなどのラインアップです。

柔肌水だけでなくいろいろな商品があるので

ぜひサイトをチェックしてみてください!

メンズ用品もあるので要チェックです!

チェック↓↓
【シンプル処方】素材の良さを引き立てたスキンケア CHINOSHIO(ちのしお屋)

男性専用スキンケアのおすすめ

最近では男性の方でもスキンケアにこだわっています。

きれいな肌になると

周りの人からも好印象となりますし

清潔感がアップします。

男性専用のスキンケア用品は売られていますが

お店で買うのは躊躇してしまう方もおられるでしょう。

またどれを使ったらいいのかも難しいところです。

一つだけおすすめをご紹介します。

乾燥肌・敏感肌にエイジングケア化粧水【NULL 化粧水】



男性肌に適したスキンケア商品です。

コメやリンゴ
6つのオーガニックエキスを使用していています。

アルコールも入っていないので刺激も少ない。

にも関わらずしっかりと保湿ができる商品です。

男性でも最近はしっかりスキンケアしています。

まずは化粧水から始めてみるのがいいと思います。

お店で買うのにためらいがある方、どれがいいのかわからない方

まずはこちらの商品を一度試してみてください。

30日保障もあります。

チェック➞➞乾燥肌・敏感肌にエイジングケア化粧水【NULL 化粧水】

まとめ

だれでももっときれいなお肌になりたいと思っています。

肌トラブルや肌質などコンプレックスを持っています。

そんな悩みを解決して

きれいなお肌になるためには

基礎肌力を上げるしかありません。

肌が持っている一つ一つの力をあげるのです。

そのために不足している栄養や成分、睡眠などをしっかりとります。

サプリメントやスキンケア用品を使い補います。

そうすることで水分と油分のバランスが正常になり

基礎肌力が上がり

理想のお肌になることができます。

遺伝や体質・肌質など

人によってどうしようもない部分もありますが

自分の肌を本当によく知ることによって

必ず今のお肌よりもきれいなお肌・理想のお肌になることは可能です。

希望を捨てず一歩一歩ゆっくりときれいなお肌に近づいていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました