乳液はコットンか手のどちらが良いか

ニキビ

乳液やクリームを正しく使えていますか?

もしかすると

あなたの乾燥肌や肌荒れの原因は

スキンケア用品が正しく使えていないから

かもしれません。

では、

美肌になるためにお肌の悩みを一つでも少なくするために

乳液、クリームの正しい使い方をおさらいしてみましょう。

手洗い

基本ですがまずは

手洗いです。

手が汚い状態で

なるだけ顔を触らないようにしましょう。

清潔感が大切です。

この度のコロナ感染に伴い

この情報はかなり広がっていると思います。

手を洗わずに顔を触ってしまうと手の汚れや菌が顔についてしまいます。

コロナなどの菌が付着するだけでなく

ニキビが発生したり悪化します。

肌荒れの原因にもなります

また手を洗わずに洗顔料などを使うと

泡立ちが悪くなります。

洗顔前に手の汚れや菌が洗顔料でとれます。

洗顔前に洗顔料の効果が半減してしまうので

必ず手は洗いましょう。

洗顔

次に洗顔です。

洗顔でしっかり汚れを落とします。

泡洗顔をおすすめします。

とくに敏感肌だとか感じる方は泡洗顔をしてください。

泡洗顔のやり方は↓↓↓
カサカサの乾燥肌をなんとかしたい人は泡洗顔

ニキビや肌荒れが既に発生している方は

洗顔のときに手で触ってしまうと

刺激を与えてしまい

治るのが遅くなってしまったり、悪化します。

できるだけ泡洗顔で刺激のない洗顔をします。

やさしくやさしく

洗顔することを心がけましょう。
洗顔料が肌質に合っているか確かめるサイン

化粧水

化粧水をつけます。

乳液は保湿というよりも

水分の蒸発を防ぐものなので

必ず乳液の前に化粧水を使用します。
化粧水はなぜ使う?多ければ多いほうがいい?

化粧水をとばして、

肌に直接乳液を使用することがないように気を付けましょう。

乳液

ここで乳液の登場です。

乳液の使い方は人によって違います。

  • 手で付ける人
  • コットンでつける人

この2つのつけ方があります。

それぞれにメリット・デメリットがあります。
乳液とクリーム。両方使ったほうがいい?

手でつけるメリットデメリット

手で付ける場合

手で付ける場合、肌の温度により乳液があたためられます。

その結果乳液の浸透力が上がります。

また、顔の肌と同じ温度になっているので

肌への刺激が少ないというメリットもあります。

一方で、手は凸凹しているので

乳液を完全に均等につけることができない

というデメリットあります。

そしてつけ方によっては

手で刺激を与えてしまいます。

また、手をきちんんと洗えていないと

手の菌がついてしまいます。

コットンでつけるメリットデメリット

コットンの場合

コットンを使用するメリットは

衛生的であるという点です。

しっかりと手洗いしていても

汚れや菌を洗い流せていない場合があります。

それらの汚れや菌は肌トラブルにつながります。

コットンを使用するなら

そうした心配なく乳液をつけることができます。

また優しく肌に浸透させることができるのもメリットです。

デメリットとしては

繊維が毛羽立ち肌に刺激となる場合があります。

コットンにもいろいろな種類があるので

刺激が少なく優しいコットンを使用しましょう。

まとめ

乳液までの流れ

手洗い
↓↓
洗顔
↓↓
化粧水
↓↓
乳液

乳液を使うまでのこの流れをしっかりと覚えましょう。

とても基本的なことばかりです。

しかし、基本がしっかりしているからこそ

きれいなお肌になることができます。

肌トラブルを避けることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました