毎日半身浴するのにニキビが悪化するのはなぜなのか?

未分類

日本人はお風呂が大好きです。

銭湯や温泉に入りに遠出する方もいるはずです。

寒い季節ほど温かいお風呂でゆっくりと温もりたいですね。

しかし、あなたのお風呂の入り方大丈夫ですか?

もしかすると

あなたのニキビの原因はお風呂の入り方にあるかもしれません。

ニキビだけではありません。

肌荒れやかゆみを持っている

特に乾燥肌の方・・・

要注意です。

毎日入るお風呂

実は、私たちの肌に大きな影響があります。

では今回は特に

ニキビ肌の人がニキビを悪化させないように

お風呂に入るときの注意点をいくつかご紹介します。

温度に注意する

ニキビができている人がお風呂に入る場合

一番大切なのは温度です。

お風呂の温度は皆さん何度に設定されていますか?

乾燥肌の方はいつものお風呂の温度を確認してみてください。

お風呂の温度というのは家庭によって様々です。

熱いお風呂が好きな人もいればぬるいお風呂が好きな人もいます。

普段特に気にせず気分に合わせて変えている人もいるかもしれません。

しかし、ニキビや肌荒れに悩んでいる人にとって

お風呂の温度というのはとても重要な問題です。

少し温度を変えるだけで

ニキビが治るかもしれません。

ではよい温度は何度でしょうか?

お風呂の温度は何度がいいか?

温度設定は37~39℃にしましょう。

40度を超えていませんか?

40度を超える温度ではお風呂に入らないでください。

この温度を超えてお風呂に入ると

乾燥肌の原因になります。

乾燥肌はニキビの原因になります。

なぜ40度以上は乾燥肌になるのでしょうか?

温度が高いと皮膚にある必要な油分まで洗い流されてしまうからです。

油は高温の方が落ちやすいです。

食器洗いなどもそうですね。冷たい水で洗ってもなかなか油は落ちません。

しかし、お湯で洗うとすぐにおちます。

それと同じです。

お肌にとっては水分や油分は必要なものです。

水分と油分がバランスよくお肌にある状態が

お肌の健康には不可欠です。

しかし、高温のお湯で洗ってしまうと

必要な油分まで洗い流されてしまうので乾燥肌

になってしまいます。

もし、お風呂に入った後

顔だけではなくて全身が乾燥している人や

突っ張ている感じがする人は

今のお風呂の温度から少し温度を下げてみるのはどうでしょうか?

寒い季節はついつい温度が上がってしまいがちです。

しかし、寒い季節ほど人の肌は乾燥気味なので温度を上げすぎないようにしましょう。

温度が低いと温まれないという人は

39度くらいで湯船をつくり

なかでマッサージしたり、軽いストレッチをすることにより血行を良くすることが出来ます。

試してみてください。

もちろんのことですが、シャワーも湯船の温度も

どちらとも高温にしないことです。

適温は38~39度くらいです。

シャワーの圧力

ニキビに悩んでいる方は必ずチェックしてください。

お風呂でのシャワーはどのくらいの勢いで使っていますか?

緩くてちょろちょろしか出ていないとなんだかスッキリしないし洗いにくい

と、つい全開の圧力で出していませんか?

それがニキビの原因になっている可能性があります。

シャワーの圧力というのは意外に強いものです。

その圧力のまま顔に当ててしまうと

ニキビに刺激を与えてしまいます。

今まさに回復へと向かっているニキビを痛めつけることになります。

どこかをけがして

かさぶたが出来ているのにそこを爪でひっかくと

跡が残ってしまったり、治りが遅くなったりしますよね。

それと同じで

治りかけのニキビに圧力の強いシャワーを当てると

ニキビが悪化してしまいますし

場合によっては跡になってしまうこともあります。

できるなら顔にシャワーを当てるのはやめましょう。

適度な温度の水を手で顔に当てるようにしてください

その際洗顔料が顔に残ることのないように注意してください。

それがめんどくさいという方は

シャワーをできるだけ弱くして洗い流してください

なるだけ刺激を与えないようにするのです。

お風呂の時間

シャワーだけでなく湯船につかる人は

どれくらいの時間浸かっていますか?

最近は家で半身浴をするという人も多いようですが

長湯は禁物です。

長く入ればニキビが治りやすくなると考えて

とても長い時間湯船に浸かっている方もおられますが

長湯をすればするほど乾燥肌になってしまいます。

長湯をすれば皮脂や汚れが流れてしまいます。

やはり、お肌にはある程度の皮脂、油が必要です。

長湯によって必要な皮脂まで流してしまえば、それだけ乾燥してしまいます。

半身浴などをしている方もいるかもしれませんがやりすぎには注意です。

あまりにも長い半身浴をしていると顔が乾燥していきます。

湿度の高いお風呂だからといって

濡れてしまった顔をそのまま放置しておくと乾燥していきます。

このあたりにも注意が必要です。

湯船につかることにより

リラックス効果、美肌効果があるのも事実ですが

やりすぎには注意です。

長くても15分~30分でしょう。

洗い方

お風呂では体や顔を洗うと思いますが

絶対にゴシゴシ力強く洗わないようにしてください。

特に顔をゴシゴシ洗うのはNGです。

お風呂の順番として正しいのは

1・頭を洗う

2・体を洗う

3・湯船につかる

4:顔を洗う

といった感じです。

湯船に適度な時間(15分~30分)つかり毛穴を開きます。

そして、顔を洗います。

すると毛穴のつまりを解消することが出来ます。

湯船から出た後のお肌は非常に柔らかくなっています。

角質が取れやすくなっているのです。

それはとてもいいことなのですが

逆にあまり強く洗いすぎると必要な角質や油分まで取れてしまいます。

そうなると、乾燥肌やニキビ肌へと変わっていきます。

特に柔らかくなっている状態のお肌ですから

丁寧にやさしく洗わなければなりません。

泡で洗うイメージで洗ってください。

おすすめ入浴剤

お風呂で美肌効果を最大限に高めるためには

入浴剤がおすすめです。

入浴剤を使えば保湿効果を高めることができますし

血流の促進を促すことができます。

また、薬用の入浴剤を使えば皮膚の炎症を抑えたり

ニキビに効果を期待できるものもあります。

中には温泉の効果をそのまま詰め込んだものもあります。

それでおすすめでの入浴剤を紹介しておきます。

ムズムズ・ガサガサ肌用入浴剤『みんなの肌潤風呂』

という入浴剤です。

肌潤糖というニキビに悩んでいる人におすすめのスキンケア用品を出している

北の快適工房というブランドの入浴剤です。

乾燥肌などのカサカサした肌の方には相当おすすめですので

是非チェックしてみてください。

入浴後の保湿

入浴後は特に乾燥します。

しっかりと保湿をしてください。

なるだけ早く保湿してください。

入浴後の乾燥スピードはすさまじく早いです。

思っている以上のスピードです。

入浴後5分以内には保湿をしておきたいものです。

入浴後にお肌がカサカサしたり、突っ張っている人も多いんじゃないでしょうか。

それだけお肌が乾燥しているのです。

皮膚の表面についた水が、入浴後に蒸発していき

その時に一緒にそもそも皮膚の中にあった水分まで蒸発してしまうのです。

これは全身です。

なのでできるなら全身の保湿をおすすめします。

顔のニキビに悩んでいる方は絶対に保湿を忘れないようにしましょう。

めんどくさいって感じるかもしれませんが頑張りましょう!

半身浴はニキビが治るのか?

半身浴が体にいいということはよく知られています。

お肌だけではなくダイエットなどにも効果がある

と言われ、自宅で半身浴をする方もおられるでしょう。

芸能人やモデルさんなども半身浴をしているようです。

しかし、本当に半身浴を毎日すると

ニキビが治ったりするのでしょうか?

そもそも半身浴とはどんな効果があるのでしょうか?

半身浴の効果

半身浴にはいくつかの効果がありますが

代表的な効果は3つです。

  1. 血流が良くなる
  2. 副交感神経が優位

この3つの効果があるので

美肌になれるとかダイエットに効果があるといわれています。

確かにこれを見ると効果がありそうですね。

血流が良くなる

お風呂に入ることの一番の効果は

体温が上がるということです。

体温が上がると血流が良くなります。

お風呂に入ることで血管が広くなり

血の流れが良くなります。

血液の中には栄養やホルモンなど

体に必要な成分が含まれていて

体中に養分を運びます。

血流が良くなるということは、その養分や栄養を

体の隅まで届けることができるということです。

どれだけ野菜中心の生活でビタミンを摂りまくっても

血流が悪いと体に行き渡せることができず意味がありません。

また血流が良くなると

老廃物を回収することができます。

血の役割は栄養を運ぶだけではなく

体に不必要なものを回収する役割もあるのです。

それで血流が良くなると

栄養を体の隅々まで運ぶと同時に

体の老廃物を回収することができるので

美肌やダイエットに効果があると言われています。

副交感神経が優位

ぬるま湯での半身浴は

副交感神経が優位になります。

副交感神経とはリラックス状態の時に優位になる神経のことです。

眠っているときは副交感神経が優位な状態です。

ストレス解消にも役立ちます。

20分程半身浴をすることによって

副交感神経が優位になり

質の高い睡眠が取れたりストレス解消をすることができるので

美肌にはとても効果があるといえます。

汗をかく

半身浴をしていると汗をたくさんかきます。

これは体温が上がっている証拠です。

体温が上がるということは血流が良くなっているということです。

つまり

たくさん汗をかいているということは

血流が良くなり栄養や養分を隅々まで運び

老廃物を回収することができているということになります。

半身浴してなぜニキビができるのか

毎日半身浴をしていてもニキビが治らない

という方もいます。

なぜでしょうか?

  1. 入り方に問題がある
  2. 違うニキビの原因がある

この二つに限ります。

入り方に問題がある

半身浴には入り方があります。

上記で書いてある通りです。

長い時間は入りすぎると良くありません。

乾燥しますし水分不足になります。

長すぎると交感神経を刺激されます。

半身浴でしっかり汗をかいたと思い

乾燥していることを忘れてしまい

スキンケアが甘くなる場合もあります。

汗をきちんと洗い流せていなくてニキビが悪化することもあります。

半身浴により血流が良くなりいい効果がありますが

正しい入り方、その後のスキンケアをしっかりしなくては

意味がなくなるので気を付けましょう。

ニキビのほかの原因

ニキビの原因は人によって全く違います。

人によっては血流や身体の問題が原因となりますし

ストレスなど内的原因もあります。

ニキビの原因をお風呂ですべて解決することはできません。

普段の食事や運動など生活スタイルも関係していますし

洗顔やお風呂の後のスキンケアなど

日頃の積み重ねがお肌を作ります。

半身浴だけしていればニキビがすべて治ると考えるのは

少し期待しすぎの可能性があります。

ニキビなどの肌トラブルを治したいと本気で思うなら

普段の食事や生活スタイル全体を見直しましょう。

半身浴よりも全身浴のほうがいいかもしれない

半身浴は体にメリットがたくさんあるようですが

実はあまり意味がないのではないか。

そんな意見があるのも事実です。

半身浴より全身浴のほうがいいという意見もあります。

なぜでしょうか?

早く温まる

半身浴の最大の効果は体温が上がることです。

しかし実際のところ

体温を上げるのなら半身浴より全身浴のほうが効果がある

からです。

半身浴で体を温めるには15分~30分かかりますが

全身浴なら半分の時間で同じくらい体を温めることができます。

乾燥しない

半身浴で長い時間お風呂に入っていると

必要な水分が体から出ていきますので

お肌が乾燥することもあります。

長い間お風呂に入る過ぎると水分不足となってしまいます。

もちろんこまめに水分補給をしていればいいですが

全身浴で短い時間で体を温めることができ

乾燥する心配もありません。

汗はデトックスできない

半身浴のほうが汗をたくさんかけるかもしれませんが

汗をかくというのは体が温まっているからです。

お風呂に入るというのは

汗をかくことが目的ではなく体を温めるのが目的です。

血流が良くなればいいのです。

それで全身浴で体を短時間で温めることで

しっかり効果を得ることができます。

汗をかくことで血流が良くなり栄養を運んだり

老廃物を回収していますが

デトックス効果はないと言われています。

副交感神経はどうなるのか?

半身浴をすると

副交感神経が優位になりリラックスできます。

では全身浴の場合どうなるのでしょうか?

全身浴の場合

副交感神経が優位になるとは考えにくいです。

やはりぬるま湯に長時間浸かることによって

副交感神経を刺激することができるので

お風呂に入ることでリラックスしたいのであれば半身浴

となります。

半身浴は体の下半身のみが浸かっている状態で

体への負担が少ないのでリラックス効果を得られやすいです。

全身浴の場合体への負担が多少あると言わざるを得ません。

そもそも半身浴は最初は

入浴が体への負担となんってしまう患者さんを対象に

行われていました。

それが次第に一般に広がったのです。

あまり体に負担をかけたくない人や

リラックス効果を得たいという人には半身浴に軍配が上がります。

体への負担に関して半身浴のほうが軽いですが

リラックス効果だけに関していうと

お風呂上りに

ストレッチをゆっくりするなどすることで

副交感神経を刺激して

質の良い睡眠をとることができます。

半身浴とストレッチを併用することで副交感神経を刺激できますし

全身浴のあとストレッチをすることでリラックス効果を得られるます。

結局ニキビを治したいなら…

お風呂に入ることにはメリットがたくさんあります。

メリット
  1. 体を温めることにより
  2. 血流が良くなり
  3. 栄養を運び
  4. 老廃物を回収して
  5. リラックス効果を得られる

やはりお風呂に入ることには様々なメリットがあります。

健康や美肌のためにお風呂というのは効果があります。

シャワーだけ浴びるよりも毎日お風呂に入り

体を温めることにより美肌にちかづくことができるでしょう。

しかし、お風呂の入り方には注意が必要です。

乾燥肌を引き起こし

ニキビを発生させていることもあるのです。

もちろん入浴は上手に行えば美肌効果をえられます。

実際、湯船につかることは

リラックス効果がありストレスを軽減することが出来ます。

毛穴を開き汚れを落とすこともできます。

なので、やはり

バランスです。

やりすぎは注意です。

とにかく美肌になりたいからといって

あまりにも長い時間半身浴をしていた方とかは、それはやめた方がいいです。

適度な温度で適度な時間してください。

そして、入浴後の保湿をしっかりしてください。

ずっと乾燥肌の方・ニキビが治らない方

是非、自分の入浴を今一度振り返ってみてください。

お風呂でしっかりニキビを治したい人は

これを試してみてください。
↓↓↓
ムズムズ・ガサガサ肌用入浴剤『みんなの肌潤風呂』



コメント

タイトルとURLをコピーしました