夜ごはんが遅いとダイエットもニキビ改善も成功しない?

ストレス

皆さんは夜ご飯は何時ごろ食べますか?

あるアンケート調査によると夜ご飯は

19時台

という人が半数を占めるようです。

皆さんはどうでしょうか?

実は夜ご飯をいつ食べるか?ということは

ニキビと関係があります!

もちろん、ニキビだけでなく

ダイエットしたい!という人にもです。

食事の時間とニキビ・ダイエットの関係

何時にご飯を食べるのか

ということはニキビ改善やダイエットを

成功させたい人なら考えなければならない点です。

食べる時間帯によっては

ニキビができやすくなってしまったり

太りやすくなってしまうのです。

いくつかの理由がありますのでご説明します。

消費されないので太る

夜ごはんを食べる時間が遅いと

摂取したエネルギーを消費する時間が少ないため

エネルギー消費することができません。

余ったエネルギーは脂肪として蓄積されます。

結果として太ってしまうというわけです。

夜18時にご飯を食べる人と

夜22時にご飯を食べる人とでは

確実に後者の方が太りやすくなります。

特に

22時~2時の間は一番太りやすい時間帯です。

この時間の間にBMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質が

多い時間帯です。

肥満遺伝子とも呼ばれ

脂肪をため込む働きがあります。

22時~2時の間にご飯を食べるのは避けたほうが良いです。

ちなみに午後3時頃は

BMAL1が一番少ない時間なので

おやつなどの間食をするなら3時ごろがおすすめです。

睡眠不足になってしまう

夜ごはんを食べる時間が遅くなると

睡眠不足になってしまう可能性があります。

ご飯を食べておなかが満たされると

気持ちよくなり眠くなると思いますが

そのまま寝てしまうと

睡眠の質は低下します。

体は休んでいると考えがちですが

寝ている間に食事を消化するために

体内はフル稼働することになります。

そのため睡眠の質が低下します。

また、胃や腸内が働きっぱなしで

消化しきれないでいると

むくみなどに現れます。

腸内状態はいずれお肌にも影響を与えますので

肌トラブルの原因となり得ます。

夜ごはんは何時に食べるべきか?

では結局のところ夜ごはんは何時ごろに食べるのが最善なのでしょうか?

まず避けなければいけない時間帯は

22時~2時の間

です。

先ほども説明した通りこの時間帯は一番太りやすく

消費も少なくなるので避けましょう。

それで夜ごはんは22時までには食べたほうがいいということになります。

早ければ早いほど消費エネルギーは増えるので

太りにくくなるでしょう。

しかし、あまりにも早くご飯を食べすぎてしまうと

寝る前におなかが空きすぎて

眠ることができないということもあります。

それで

最低でも寝る2時間前には食べ終わるようにしましょう。

食事をすると

2時間ほどで食べたものは胃から腸へと移動します。

食べ物が腸に移動して働くことによって

副交感神経が活発になり

リラックス状態となります。

より深い睡眠をとることができます。

おなかが空きすぎて寝れないという状態も避けることができ

ちょうど安眠状態を作ることができます。

遅いと夜ごはんは食べないほうがいいのか?

寝る2時間前くらいまでに食べる方がいい

ということですが

生活のリズムや仕事や家事次第で

そうできない人もおられるでしょう。

どうしても22時過ぎてからしかご飯を食べることが

できないという人もおられると思います。

ではそんな時は夜ごはんを抜いたほうがいいのでしょうか?

その考えは自然ですが

夜ごはんは抜かないでください!

夜ごはんを抜くと太りやすくなる

遅い時間にしかご飯が食べれないし、太るから

夜ごはんを抜いてしまうと

太りやすい体質になってしまいます。

夜ごはんを食べないということは

昼食からご飯を食べていないので

体は空腹状態になってしまいます。

空腹状態=飢餓状態

といえます。

人間の体は飢餓状態の時

エネルギーの消費を抑えるようにできています。

消費を抑えるということは脂肪をため込むということです。

つまり、痩せたいからといって夜ごはんを抜くと

逆に脂肪をため込む体になってしまうということです。

栄養不足

単純に夜ごはんを抜くと

栄養不足

になります。

日々の生活でいろいろな栄養を

しっかり摂ることができていれば別ですが

ほとんどの方が必要な栄養をたっぷりと摂ることはできていません。

健康を保つため

美肌になるため

ニキビを改善するため

肌トラブルをかいぜんするため

人間はいろいろなものを食べて

いろんな種類の栄養を摂取しなくてはなりません。

でも現代人は偏った栄養しか摂ることができていません。

毎日栄養を細かに計算しながらご飯を食べていれば問題ありませんが

実際には難しく偏りがちです。

そんな状態で

夜ごはんを抜いてしまうとどうなるでしょうか?

摂る栄養がもっと少なくなってしまいます。

ただでさえ偏った栄養しか摂取できていないのに

輪をかけて栄養不足となってしまうのです。

もちろん朝食や昼食に加え

サプリメントなどで栄養をきちんと摂取していれば

問題ありませんが

体全体の健康を考えると

ご飯を抜くのはお勧めできません。

負のスパイラル

夜ごはんを抜くと

負のスパイラルにはまることがあります。

どんな負のスパイラルかというと

夜ごはんを抜く
↓↓
眠れない
↓↓
朝起きれない
↓↓
朝ごはん食べない
↓↓
活動低下
↓↓
太りやすくなる
↓↓
夜ごはんを抜く

という負のスパイラルです。

それぞれの間にはほかにも

  • 自律神経が乱れて落ち着かない
  • 集中力の低下
  • 血糖値の上昇効果→病気のリスク高

などいろいろな負の要素を引き起こします。

明らかに夜ごはんを抜くことは良くありありません。

こうした健康上の悪影響は

ニキビや肌トラブルを引き起こしますので

夜ごはんは抜かないようにしましょう。

遅い時間の夜ごはんは何を食べるべきか?

夜ごはんは抜かないほうがいいですが

どうしても夜遅い時間にしかご飯を食べるしかない

という方もおられるでしょう。

なるだけ早い時間に食べたほうがいいですが

どうしてもそれができない場合

  • 食べるモノ
  • 食べる量

などを工夫してみましょう。

野菜・発酵食品

遅い時間の夕食は

野菜・発酵食品

を食べましょう。

発酵食品はキムチや納豆などです。

一番食べてはいけないのは

炭水化物や脂質です。

炭水化物や脂質は

脂肪に変わりやすい物質です。

エネルギーを消費する時間が少ない夜に

炭水化物や脂質をとると

脂肪を蓄えることになってしまいます。

一方で、野菜や発酵食品は脂肪をため込みにくい食材です。

野菜を摂ることによって

健康やお肌の調子を整える栄養を摂取することができます。

発酵食品は腸の働きを整えるので、お肌の調子も良くなります。

またみそ汁などのスープ類もおすすめです。

体を温めることにより代謝もアップしますし

野菜を入れることによりたくさん栄養を摂ることができます。

野菜炒めなど調理過程で油を使う料理は避けましょう。
野菜が摂れても脂質が多くなります。
ドレッシングやマヨネーズなども控えましょう。

食べる量

遅い時間に夕食を摂る場合

野菜や発酵食品がおすすめですが

量には気を付けなくてはなりません。

どんな料理にするかにもよりますが

味付けやドレッシング、納豆のたれなどにも

油が入っていたり

塩分が多く入っていることがあります。

量が多くなればご飯やお酒など

他のモノを飲食したくなるかもしれません。

どれくらいが適度なのかは人によって違います。

少しだけお腹を満たす程度にしましょう。

どうしてもお腹が空いてたくさん食べたい

という方もおらるでしょう。

そんな方は

昼食と夕食の間に間食するようにしましょう。

おすすめはおにぎりです。

夕方7時か8時ごろにおにぎりを食べましょう。

仮に昼食を昼1時に食べたとして

夕食が夜の10時だと

8時間も間が空いてしまいます。

それだけ時間が空くと当然おなかが空きます。

お腹が空きすぎているとついつい

夜ごはんの量が多くなるので

その間に炭水化物を摂取しておくのです。

そうすれば夜ごはんの量を減らすことができます。

7時~8時頃なら

まだ炭水化物を食べても

エネルギー消費する時間が残っているので

大丈夫です。

甘いものは昼3時ごろに食べましょう。脂肪に変わりにくいです。
間食も脂質が多いものは避けましょう。

夜ごはんが遅いとニキビはできる?

夜ごはんの時間がいつがいいのか

調べていると

やはりダイエットのためには早い時間がいい

という情報が多いように感じます。

ではニキビを治したり、改善するためには

どうなのでしょうか?

食べる時間によってはニキビができるのでしょうか?

ニキビができやすくなる

結果を言うと時間帯によっては

ニキビはできやすくなる

といえます。

なぜなら

食べる時間が遅いと

体にとってあまりよくないからです。

上記でも書きましたが

食べる時間が遅いと

体に悪影響があり

腸の働きや睡眠に影響があります。

特に敏感肌の方は

体内の調子がお肌に現れやすいものです。

食べる時間が遅く

体内環境が悪くなると

ニキビや肌トラブルが生じやすい環境が整うことになります。

それでニキビを治したい人や

肌トラブルに悩んでいる方は

夜遅い時間の夜ごはんをどうするか

真剣に考える必要があります。

もちろん1度や2度

遅めの食事をしたからといって

すぐにお肌に現れるとは限りませんが

少しでもお肌の調子を整えたいなら

肌トラブルが生じやすい原因を

一つでもなくす必要があります。

夜ごはんを見直すぐらいではニキビは治らない?

ニキビを治すためには

夜ごはんの時間も考えなくてはなりませんが

夜ごはんを見直す程度ですぐにニキビが改善する

と考えないようにしましょう。

ニキビや肌トラブルの原因というのは

無数に存在しています。

夜ごはんによる体調の悪化が原因となっている場合もありますし

その他の原因があることもあります。

いろいろな原因が積み重なって

今のお肌の状態になっています。

一つの原因を取り除いただけで

すべての肌トラブルが改善されるとは期待できません。

しかし、美肌のためにスキンケアに力を入れたり

しても

夜ごはんを見直していなければ

健康になれず

美肌を望むこともできません。

それで夜ごはんを見直すだけでは

すべての肌トラブル改善は見込めませんが

その他の努力を併用することで必ずきれいな肌に

近づくことできます。

夜ごはんを見直すことは

長期的に見て健康になり

お肌の状態も良くなることを期待できます。

夜はスムージーがおすすめ

一日仕事をして、家事をして

ご飯を食べるのは遅くなる。

そんな時に積極的に野菜を

摂りたいところですが

なかなか毎夕食で野菜を摂るのは

きついと思います。

いろいろと料理や味付けを工夫したいところですが

一つの方法は

スムージーです。

スムージーだとしっかりと野菜を摂ることができます。

おすすめスムージー

スムージーは野菜などをジュースにしているものですが

自分で作るのは大変です。

野菜や果物を準備してミキサーにかけるのですが

疲れて帰ってきて作るのは大変です。

それでおすすめなのがこちら
↓↓
今話題の生スムージー

はるな愛さんや東尾理子さんなどの有名人

が愛用していることで有名なスムージーです。

このスムージーは粉状になっていて

水で溶かすだけですぐに作れます。

栄養豊富で満足感もあり

美味しくて安い

しかも17カロリーという

低下カロリー

これなら夜遅くても安心して食べることができます。

ダイエットしたい人にも是非おすすめしたい

スムージーです。

詳しい栄養素や入っている野菜・果物については

公式サイトをチェックしてください➞【酵水素328選もぎたて生スムージー】


まとめ

夜ごはんを何時に食べるのか

何を食べるのか

その選択次第でニキビができやすい体質になったり

ならなかったりします。

ほんの少し気を付けるだけでも変わります。

今回の記事の中のことを

すべて行うことはできないかもしれませんが

何か一つだけでも実行してみるのはいかがでしょうか?

まずは

夜におにぎりを食べるようにして

夕食にスムージーを飲むことです。

偏った栄養を補うこともできますし

体調を整えることができます。

おにぎりを食べることによって

空腹によるイライラを避けることもできます。

美肌効果とダイエット効果を期待できます。

今回紹介している方法は

短期的に効果を期待できるものではないことを

頭に置いておきましょう。

長期的に続けることによって

効果を実感できる種類にモノです。

長期的な効果というものは

実感するには時間がかかりますが

その効果は絶大です。

ニキビが改善したり、痩せたりするだけではなく

ニキビができにくい、太りにくい

体質になることができます。

いわゆる

体質改善

という効果があるのです。

体質改善が定着すると

いままで敏感肌ですぐに肌トラブルに悩まされたのに

肌トラブルが生じにくいお肌になることができます。

食べる量を減らしてもすぐに太ると感じていた体質を

少し食べすぎても太らない体質に変化させることができます。

誰もが目指しているのはそういう体質なのではないでしょうか。

今だけきれいになるよりも

ずっときれいでいたいですよね。

無理なダイエットよりも

健康的に痩せたり美肌になりたいですよね。

そうなるためには長い目で見なくてはなりません。

夕食の時間や量などに気を付けて

体質改善を目指しましょう。

そうすれば

ニキビ改善やダイエットに成功するだけでなく

ずっと理想の身体でいることができます。

しかも健康的に過ごすこともできます。

負のスパイラルにはまるのではなく

良いスパイラルを作り出しましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました